噛み潰した苦虫が奥歯に詰まって取れない

ほろ苦いどころじゃねえんだよな

雑記/それは或る夜の出来事






酷く憂鬱である。


何が原因かは知らない。いや多すぎて分からないのか。それすら考えるのが嫌になるくらい、とにかく思考が苦痛になる。
じゃあこんな記事書くなよ、大人しく寝てろよ、とは思う。いつも通りこうやって感情の整理をするつもりなのだろう。こんなボロアパートの六畳の暗がりの中でピカピカ光る画面を凝視して文字を打つ。


台風か。嫌だな。

この頭痛はストレス性のものか、気圧によるものか、はたまた海外から取り寄せたダイエットサプリの副作用か。



あー、あの時あそこかあそこで飛び降りるべきだったなーとか、もっと強く首締めるべきだったなーとか、もっと深く切ってもっと浴槽に浸けておくべきだったなーとか、クソみたいな後悔をぼんやりした脳内で並べてみたりする。未遂にもならない未遂ばかりだ。いやもっと本気出せよ、と思う。結局かまってほしかっただけなのだろうか。しかしそう考えてしまうと自分の悩み苦しみを全部否定してしまう気がする。その時その時で、相当苦しんでそういう行為に走ってしまったはずなのだ。

でも結局何が正解なのかは分からない。死ななくてよかった、と心底思うことが出来ない自分は罰当たりなのだろうか。しかしこんな人間は生きていることで何かの役に立つこともなく、それどころか誰もが普通に出来ることすらロクに出来ないのだ。何処でなにを間違えたのか。そもそもなにひとつ正解を選んでこなかったのか。脳味噌が結露してるような不快感のせいで、いくら考えても全く分からない。




人生の終着点くらいは自分で選びたいな、と思ったりする。病気で死ぬくらいなら自分で死期や死に場所を探して静かに死にたい。明日にでも財布と携帯だけ持って何処かへ逃避行してしまおうか。誰も知らないうちに誰も知らないところへ。恋人や数少ない友人にも何も言わずに。どこへ行こうか。そんなこと考えても結局「単位が、卒業が」と重い足を引きずって学校へ行くのだろう。情けない。




目が冴えてしまっているのは画面の明るさのせいか、ダイエットサプリの副作用か。




ああ、「どうすりゃいいんだ」「どうすりゃよかったんだ」と思うようなことばかりだ。自分の意見というものを一切持たずに他人の顔色伺いながらフラフラ生きてしまうとこうなるのか。まあどうせこの脳味噌ではロクな意見捻り出せないだろうけど。せいぜいウジウジ後悔して苦しみ続けろバーカ。生まれてきた罰だよバーカ。なんで生まれてきたんでしょうねぇ。なんでこんな人間になってしまったんでしょうねぇ。幼少期は天真爛漫で明るい素直な子だったはずなのに。僕が親戚達の前で未だに猫被る癖があるのは、あの幼少期からこんな大人になってしまったのかと失望されるのが非常に怖いからである。被るどころかもはや猫まみれである(実際の猫まみれを想像したらちょっと癒された)。はぁ、こんな人にはなりたくなかったよ。




もしピストルなんかを所持できるようなら真っ先にこめかみに突き当てて引鉄を引くのだろうか。結局怖くて出来ない、とか言いそう。そりゃ国道の歩道橋ですら飛び降りられない訳だ。あそこで落ちてりゃ丁度大型トラックに轢かれてエンド出来たろうに。まあそれはいいとして。こんな終わりのない憂鬱を何年も何年も何年も引きずってグチャグチャと掻き回すポンコツ脳味噌は今すぐにでも撃ち抜いてやりたい。苦しむ原因を自身で処理してやりたくなる。そんな気持ちだけは御立派だ。出来ないくせに。




例のダイエットサプリの成分がカフェインと似たような働きをするらしい。間違っても就寝前に飲んでいいものでは無かったようだ。何やってんだろう。眠いのに眠くない。




このまま朝を迎えてしまうのだろうか。
これ以上意味のわからないことをグダグダ考えるのはやめて、早く眠りたいものだ。